FC2ブログ

Houshakuki

カテゴリ 

  • 目次(2)
  • 草の宿(354)
  • 小説(83)
  • フラメンコ(43)
  • 雑文(44)
  • 楽器(25)
  • ギター(43)
  • 未分類(43)

最新の記事 

楽譜・雑誌 

アリア A-120F-CWE 

楽器、音楽ショップ 

【楽器・音楽機材市場】
品揃え充実。特殊な民族楽器以外は洋・和の楽器ほぼ網羅。




■クロサワ楽器店

■ギター格安サクラ楽器

■楽器総合ショップ石橋楽器

■あなたのピアノ、高値で売れます

■CD・DVD市場

■楽天ブックス 洋・和書籍。楽譜他。

■楽天ダウンロード
音楽・動画・ソフトウェア・書籍・コミック他


SLG-120NW-LAB 

フラメンコギター 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ゲオルグ・ボーリンの開発した11弦ギター

11弦ギターはスウェーデンの製作家ゲオルグ・ボーリンが、ルネッサンス期の曲を、原曲に忠実にルネッサンスリュートの調弦で弾くために開発されたギターです。
響きの点でも、通常のギターより共鳴による倍音が多いため、華やかな音色と重厚な低音が出るのが魅力です。

イョラン・セルシェル氏が1978年第20回パリ国際ギター・コンクールでバッハのプレリュード・フーガ・アレグロを演奏して優勝した時の11弦ギターのモデルです。
当時、現代ギター誌でもこのニュースが大きく取り上げられたのを記憶しています。
当時は北欧のギター事情などはまったく知られておらず、イョラン・セルシェル氏の名前を日本語表記にするのに最初はギョラン・セルシエールとかと表示されたのを、たしか次号か次々号で訂正されていたのも懐しい思い出です。そんな記事が記憶に残ったのも、やはりセルシェルさんと、この11弦ギターの出現に興奮させられたからでしょう。
やがてNHKのFM放送で、コンクールの模様が放送され、演奏のすばらしさとともにこのギターの響きの美しさに驚嘆したことも強烈なインパクトで記憶されました。なにしろコンクールでありながら、オーディエンスの拍手や喝采がものすごかったのです。
 期間限定ハードケースプレゼント
 ASTURIAS クラシック 11-STRING
 ■表面板:杉単板
 ■横・裏板:ローズウッド
 ■弦長:570mm
 ■指板:黒檀
 ■ネック:マホガニー
 ■駒:ハカランダ
 ■塗装:ウレタン仕上げ
 ■調弦
 11/B♭, 10/C, 9/D, 8/E♭, 7/F, 6/G, 5/C, 4/F, 3/B♭, 2/D, 1/G
 1弦から6弦まではプライムギターの3カポと同じ調弦。
 7弦から11弦は実音または倍音で楽しんでください。
 ※画像はサンプルです。木目は異なります。
 メーカー希望小売価格472,500円
 価格 346,505円 (税込 363,830 円) 送料込

テクノラティプロフィール アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
関連記事
2010/10/31 08:13|ギターTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://houshakuki.blog36.fc2.com/tb.php/945-20ad0c18

サイトとウェブの検索 

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索


携帯検索
 ★検索生中継[byYicha]

ネットで学ぶ音楽 

■ネットでギター講座

■ネットでピアノ講座

■ネットでサックス講座

■ネットでベース講座

■ネットでドラム講座

■ネットでボーカル講座

トレーニングブック 

作曲 

音楽【耳】、他 

クラシックギターの銘器 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。