Houshakuki

カテゴリ 

  • 目次(2)
  • 草の宿(354)
  • 小説(83)
  • フラメンコ(43)
  • 雑文(44)
  • 楽器(25)
  • ギター(43)
  • 未分類(43)

最新の記事 

楽譜・雑誌 

アリア A-120F-CWE 

楽器、音楽ショップ 

【楽器・音楽機材市場】
品揃え充実。特殊な民族楽器以外は洋・和の楽器ほぼ網羅。




■クロサワ楽器店

■ギター格安サクラ楽器

■楽器総合ショップ石橋楽器

■あなたのピアノ、高値で売れます

■CD・DVD市場

■楽天ブックス 洋・和書籍。楽譜他。

■楽天ダウンロード
音楽・動画・ソフトウェア・書籍・コミック他


SLG-120NW-LAB 

フラメンコギター 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

二人の酒宴【草の宿(350)】

二人の酒宴【草の宿(350)】

 男は煙管をくわえて、膝の上に新聞を広げていましたが、それを読んでいる風ではありません。ぼんやりと開け放した窓の外を眺めていました。

「おじさん、待たせてしまったけど、すぐに飯はできるよ」

 尋夫が戸口で声をかけると、男は尋夫の方にゆっくりと振り向きました。

「有り難いな。風呂に入れてもらった上に、ごっそうにもなるとは思いもかけないことだ」

 ストーブの上では、尋夫が仕込んでおいた鍋がまろやかに煮えたぎる音がして、鶏肉とキノコの煮え立つ匂いが部屋の中に充ちています。

 鍋のそばでは、皮をむいていないニンニクが薄い煙を上げています。

「おや、そいつはどうするんだい、おじさん」

「おお、あんまり見事なニンニクだからな、こいつも入れたいのだが、いいか」

「それはいいな。だが、なぜ直接に鍋に入れないのかい」

「ほっくりと焼けたところを、食うのがうまいのだ。鍋に入れてよし、小塩をつけて、そのままでもうまいぞ」

 たちまちに、尋夫はこの春に、先刻の崖下の雪洞で出会った男たちの、ウサギ鍋を思い出しました。あの、不思議にワクワクするような、ウサギ鍋の匂いにも、ニンニクは入っていたのです。
 けれども焼いたニンニクの匂いは、それともかすかに違う、なんだか懐しくなるような甘い匂いです。

「おじさん、酒はこいつだ。どぶろくではないよ。爺ちゃんが置いていったものだ」

「驚いたな。あんちゃん、こいつは豪勢なことだ」

「まず一杯は冷やで飲むかい。爺ちゃんはそうしていたが」

「ありがとうよ。そうしよう」

 尋夫がとくとくと一升瓶のままに、男の湯呑みの中に酒をつぎ終わると、男は無言で一升瓶を尋夫の手から取り、べつの湯呑みを差し出しました。尋夫は両手でそれを捧げるように持ち、今度は男がそれにとくとくと注ぎました。

 男はもう一つの湯呑みに、酒を入れ、立ち上がりました。

 おやと思いながら、見守っていると、男は湯呑みを持ったまま部屋を出て、窯の上の神棚の上にそれを供えるのでした。
 シロツメクサをはんでいた馬が、首をもたげて、珍しそうに男の所作を眺めています。
「さあ、頂こう」

 どかりと囲炉裡のそばに座り直すと、男はひょいと右手の湯呑みを持ち上げて見せました。尋夫もそれに合わせて、ひょいと湯呑みを額の上まで持ち上げます。



テクノラティプロフィール アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

関連記事
2008/06/27 06:04|草の宿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://houshakuki.blog36.fc2.com/tb.php/746-49e30736

サイトとウェブの検索 

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索


携帯検索
 ★検索生中継[byYicha]

ネットで学ぶ音楽 

■ネットでギター講座

■ネットでピアノ講座

■ネットでサックス講座

■ネットでベース講座

■ネットでドラム講座

■ネットでボーカル講座

トレーニングブック 

作曲 

音楽【耳】、他 

クラシックギターの銘器 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。