FC2ブログ

Houshakuki

カテゴリ 

  • 目次(2)
  • 草の宿(354)
  • 小説(83)
  • フラメンコ(43)
  • 雑文(44)
  • 楽器(25)
  • ギター(43)
  • 未分類(43)

最新の記事 

楽譜・雑誌 

アリア A-120F-CWE 

楽器、音楽ショップ 

【楽器・音楽機材市場】
品揃え充実。特殊な民族楽器以外は洋・和の楽器ほぼ網羅。




■クロサワ楽器店

■ギター格安サクラ楽器

■楽器総合ショップ石橋楽器

■あなたのピアノ、高値で売れます

■CD・DVD市場

■楽天ブックス 洋・和書籍。楽譜他。

■楽天ダウンロード
音楽・動画・ソフトウェア・書籍・コミック他


SLG-120NW-LAB 

フラメンコギター 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

馬、笑う【草の宿(345)】

馬、笑う【草の宿(345)】

 柳の枝と蕗の葉でくるんだ包みものを、男と尋夫は葛の蔓で背中に背負っています。ぜいぜいと荒い呼吸をたてて、崖道を上りきり、思わず大息の吐息をつきました。

 馬は不思議なものを見るような目で、二人を眺めています。
 草をはむのをやめて、二人に近づくと、包みものから匂い立つものを嗅ぐように鼻を近づけました。鼻腔にしわを寄せて、歯茎を少し見せます。

「おや、おまえ、笑っているのかい」

 尋夫が馬の表情に驚いて思わず声をかけると、荒息の中で男が笑いました。

「そうとも、こいつは笑い上戸なんだよ。思わぬ授かり物をしたことを、鹿毛のやつ、すぐに見抜いたようだ」

 藪を漕ぎ、はいつくばるように崖を登ってきた男のむき出しの両腕、両脚には幾筋かミミズ腫れのようなひっかき傷ができていました。

「おじさん、半ズボンとランニングで薮こぎはつらかったろう。痛くないかい」

「何の、ちょいとかゆいばかりだ。それより、ブヨが出始めるぞ。鹿毛もブヨは苦手だ。日もちょうどいい加減だし、そろりと帰ろう」

 肩口にずしりとトビダケの重みを感じながら、尋夫は先に立って歩き始めます。

 それにしても今日一日は、激しく身体を使いぬいたような気がします。土橇との格闘から始まった長い一日が終わろうとしています。トビダケの重みは、一日の仕事の報酬のような気がしてくるのでした。
 足取りは重いけれど、なんとも満ち足りた思いを尋夫は覚えていました。




テクノラティプロフィール アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
関連記事
2008/02/16 10:06|草の宿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://houshakuki.blog36.fc2.com/tb.php/730-0eb834a4

サイトとウェブの検索 

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索


携帯検索
 ★検索生中継[byYicha]

ネットで学ぶ音楽 

■ネットでギター講座

■ネットでピアノ講座

■ネットでサックス講座

■ネットでベース講座

■ネットでドラム講座

■ネットでボーカル講座

トレーニングブック 

作曲 

音楽【耳】、他 

クラシックギターの銘器 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。