FC2ブログ

Houshakuki

カテゴリ 

  • 目次(2)
  • 草の宿(354)
  • 小説(83)
  • フラメンコ(43)
  • 雑文(44)
  • 楽器(25)
  • ギター(43)
  • 未分類(43)

最新の記事 

楽譜・雑誌 

アリア A-120F-CWE 

楽器、音楽ショップ 

【楽器・音楽機材市場】
品揃え充実。特殊な民族楽器以外は洋・和の楽器ほぼ網羅。




■クロサワ楽器店

■ギター格安サクラ楽器

■楽器総合ショップ石橋楽器

■あなたのピアノ、高値で売れます

■CD・DVD市場

■楽天ブックス 洋・和書籍。楽譜他。

■楽天ダウンロード
音楽・動画・ソフトウェア・書籍・コミック他


SLG-120NW-LAB 

フラメンコギター 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

切れ味【草の宿(343)】

切れ味【草の宿(343)】

 キノコの群生は、尋夫も何度かみつけたことがありました。ナメコやクリタケやナラタケなどの群生は、なんとも有頂天な気持ちを誘ったのを覚えています。
 トンビマイタケによく似た発生をするマイタケは、その名も発見者が喜悦のあまり舞い踊るところから来ていると聞きます。

 けれども男も尋夫も、巨大なブナの根株を層をなして埋め尽くさんばかりのこのトビダケを目の前にして、踊り出すなどものかは、ただただ見とれているばかりです。かえって心の底に、シンとした気分すら醸し出されてきているのを、尋夫は感じていました。
 まるで厳かなものに対峙したかのような、徒やおろそかにはできかねる思いです。

「・・・・おじさん、すごすぎないか」

 尋夫はふと心に浮かんだ思いを口にしました。

「それに少し変だ、早すぎるよ。朴の木に、まだ花がついている時分に、トビダケがあるなんて、早すぎると思うんだが、違うかな」

 やや自信はありませんが、トビダケを探すのは、もっと暑くなってからだったような気がしてきたのです。

「おうよ、俺もそれが不思議な気がしてならない。確かに早すぎる。かといって、この目の前のこれは何だ。これは間違いなくトビダケだよ。・・・・まさか、先刻の狐のいたずらではあるまい。後生大事に持ち帰ったら、馬の糞という話はよくあるが、この匂いは間違いなくトビダケだし・・・・」

 男の声にも、どこか不審な思いが込められているような気配がありました。

 やおら男は、腰の鉈をカシャリと響かせて抜き取りました。

「おじさん、それを全部採るのかい」

「採らないでどうする。朽ち果てさせるのか。なに、この根株をたたき割ったりしないかぎり、トビダケというやつは根絶やしにはならないよ。松茸なんぞとは違うんだ」

「どうやって運ぼうか。こいつはどう見繕っても・・・」

「そうだな、こいつを丸ごと集めたら、そうだなあ五貫目もあるだろうか」

「二つに分けてもたいした重さだ。こんなものには収まらないね」

 尋夫は腰に巻き付けていたジャンバーを叩いて言いました。

「おう、そいつでいいさ。ともかく何度かに分けてでも、この崖の上まで運び上げれば何とかなるだろう」

「よし、そういうことなら俺が崖の上まで運び上げる。おじさん、サックリやってくれよ」

 男の鉈は、なかなかよく手入れをしてあるようです。黒い梨地から鋭く伸び、よく磨ぎ上げられた刃が、夕方の光を冷たくして反射しました。

 根株にできるだけ近く、トビダケにそっと男は鈍色の刃を押し当てて、ゆっくりと引きました。

「・・・・なんてえいい手触りなんだ。こいつの感触は、こたえられないぞ。このサクリという切れ味は、まさにトビダケだけのものだからなあ。こいつが、あと一日でも遅くなった日には、かすかにキシキシきしむのさ」

 刃物を握りしめた男の眼付は、やや冷酷になっていますが、その手から伝わる感触のせいでしょう、至福の色も湛えているのです。



テクノラティプロフィール アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

関連記事
2008/02/16 10:05|草の宿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://houshakuki.blog36.fc2.com/tb.php/725-a5b5c1eb

サイトとウェブの検索 

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索


携帯検索
 ★検索生中継[byYicha]

ネットで学ぶ音楽 

■ネットでギター講座

■ネットでピアノ講座

■ネットでサックス講座

■ネットでベース講座

■ネットでドラム講座

■ネットでボーカル講座

トレーニングブック 

作曲 

音楽【耳】、他 

クラシックギターの銘器 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。