Houshakuki

カテゴリ 

  • 目次(2)
  • 草の宿(354)
  • 小説(83)
  • フラメンコ(43)
  • 雑文(44)
  • 楽器(25)
  • ギター(43)
  • 未分類(43)

最新の記事 

楽譜・雑誌 

アリア A-120F-CWE 

楽器、音楽ショップ 

【楽器・音楽機材市場】
品揃え充実。特殊な民族楽器以外は洋・和の楽器ほぼ網羅。




■クロサワ楽器店

■ギター格安サクラ楽器

■楽器総合ショップ石橋楽器

■あなたのピアノ、高値で売れます

■CD・DVD市場

■楽天ブックス 洋・和書籍。楽譜他。

■楽天ダウンロード
音楽・動画・ソフトウェア・書籍・コミック他


SLG-120NW-LAB 

フラメンコギター 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ギターのための爪の手入れ

 ギターを弾くためのの手入れは、弾弦する際にが弦に引っかからないように、そして指頭の感覚が先に良く伝わることを念頭に、かたちを作り、磨くことに尽きます。

 アル・アイレであれ、アポヤンドであれ、押弦の瞬間に弦に「触れる」瞬間のの部位と、弦上を通過して「離れる」瞬間のの部位は異なります。この押弦と離れるときのの部位の間に、あまりに高低が、つまり爪のアールがあっては引っかかりの原因になるのです。

 i、m、aの指の弾弦の経過は、まず指頭の皮膚の一部と爪のある部位とが同時に弦に触れ、その触れた爪の部位よりp指寄りのある部位で、弦から離れるのです。
 この爪が弦に触れる最初の位置と、弦から離れる位置を決めて、その二点間は直線で結ぷように削ります。

 直線にするのは、弦を離れる瞬間の爪の面積を出来るだけ広くし、指頭の感覚をそのまま爪先に伝えるためです。

 仮にこの二点の間を丸くしてしまえば、弦から離れるべき爪の位置は、当初の予定位置よりもch指側に寄り、最後に撥弦する爪の面積は狭くなり、指の感覚をそのままに伝えるものではなくなります。これでは明瞭な音を発することは出来ません。

・・・・と、まあ、頭の中では考えてみるのですが、それがそうではないのが不思議です。実のところ。

 i、mに関しては、上記の通りなのですが、a指は他の指よりもアールをつけることにしています。


 それでは、具体的に私が行っている爪のかたちの決め方を記してみます。

 やや爪が伸びすぎたと感じた時点で行います。(爪のかたちを作るのは、数ヶ月に一度です。普段の手入れは、つめ磨きで磨くだけ。つまり爪をやや伸びすぎたと感じるまで、待つといったほうが正しい。なぜならばそのほうが修正の余裕があるからです。)

 ギターを普通に演奏する姿勢で保ち、弦の上に、サンドペーパーを乗せ、左手で押さえておく。サンドペーパーは1000番以上のもの。
 普通に弦を弾く要領で、サンドペーパーの上で右指を動かし、爪先を平らに切ったかたちにします。
 このとき注意するのは、このサンドペーパーで形を決定しようとしないこと。明確な平らな線で爪を削ることが目的です。それが出来れば、その時点で止めます。

 爪ヤスリをこの平らな部分に平行にあてがい、押弦の瞬間にこの線のp指側の点と一緒に、指先の一部が弦に触れるところまで削りおとす。
 微妙といえば微妙ですが、実際にやってみればすぐに理解できるでしょう。
 肝心なのは、この平らな線の傾きを保ちながら、指先の皮膚の一部が爪ヤスリに触れるところまで削ると言うこと。

 あとは平らかな線の両端を、日常生活に不自由がないように面取をする。

 ここまで出来たら、一度実際に弦を引いてみる。押弦の瞬間に触れるべき指頭の部分が少ないと感じれば、さらに爪を削ればよい。削りすぎたら、爪が伸びるのを待つより他無いが、一度感じを覚えれば失敗は、まずありません。
 過不足がなければ、爪の内側を磨いて仕上げる。

 以上でi、mは終了。

 aは、指頭の形状どおりに、ややアールをつけて削るだけ。
 なぜといっても、私の場合、それが一番自然な音になるからです。

 つくづくと我が手を眺めれば、a指の爪だけが、他のそれらとは異なった形状をしています。他の爪は皆、長くなると内側に曲がってくる、いわゆる鷹爪なのですが、aの爪は水平に伸びています。爪自体の形も、aは他のものと異なって縦長です。

 さらには形ばかりではなくて、弾性の点でもa指の爪が一番しなやかさがあります。
 他の指の爪は硬いものに押しつけても内側に曲がることはないのですが、a指の爪だけは無理をすれば折れることもなく曲げることができそうです。

 このa指の爪の、妙に素直なところが、私の指の中では浮き上がってしまうような気がしてなりません。したがって少しだけ引っかかりがある方がかえって他の指に調和する気がするのです。アールを指頭の形そのままに削るのはそのためです。


爪の修復

 ところで、冬期、空気が乾燥してくると、何かの弾みで爪が欠けてしまう時がありますね。
 その予防のために、サビーカス氏が、爪をオリーブ油に浸せばよいと言っているのを読んだことがあります。
 確かに、爪にオリーブオイル、これは効きます。爪が、しなやかになる、ような気がします。サビーカスの伝と言うことで、私が勝手にありがたがっているのではありません。お試しください。
 何故にオリーブオイルなのか。サラダオイルや、ごま油や、はたまたワセリンなどではダメなのかと不審に思う向きもあるかも知れません。・・・・妙問不能答。


 私の欠損した爪の修理の定番は、瞬間接着剤のアロンアルファでした。

 ここでひとつ問題があります。小さなひび、欠損ならばアロンアルファだけで補修ができますが、欠けた部分が大きくて、しかもその欠けた爪を見失ってしまった場合。
 こんな時、どんなやり方で対処すべきか。その方法を教えましょう。
 爪の長い、優しい心根のパートナーを作ることです。

『爪が欠けちまったよ。ちょいと爪を分けておくんなすって』と、言う具合ですね。

 それが不可能であるならばだ、おのれの爪を使うしかありません。

 右手のchの爪をそのために伸ばしておくというのも手ですが、ラスゲアドの邪魔になるほどに伸ばすわけにはいきません。

 のこるはひとつ。自分の足の爪を使う。これに尽きます。

 足の親指の爪は厚すぎますから、一番手指の爪にあった爪を探して、それをいつも残しておく。残すと言っても、伸ばし放題にするというのではありません。だいたい伸びしろが一ミリもあれば、十分でしょう。


 最近はネイルアートというものがあって、これを欠損した爪の修復に使うことができないかと思いましたが、それは無理のようです。
 ネイルアート用の爪は無理ですが、アリアに次の製品があります。
 広告文をそのまま引用させていただきます。(実物を私はまだ使っていないのです。あしからず)

■アリア ネイルキット ANK-100 アコースティックギター用
 アリア ネイルキットは爪の劣化、急な故障等、爪のトラブルに悩むギタリストの為の強い味方です。このネイルキットを使用することにより、まろやかで暖かみのある音を出すことが可能になります。
 ネイルチップは7種類の形・大きさからフィットするものを選べ、優れた使用感、耐久性を誇ります。自爪の保護にも配慮しており、付け爪にありがちな自爪の劣化を軽減します。
 ポーチ付きなので必要なもの全てを専用バッグに納めることが出来、携帯性は抜群です。
      
     (詳細は画像をクリックしてください)

手を洗えば音がよみがえる

 長い時間、ギターを練習していると、不意に音がくぐもったような気がする瞬間があります。和音の分離が悪くなる。
 こうしたときには、いったんギターを手放して休憩するのが一番ですが、手を洗うと不思議に音がよみがえるのです。
 これは気のせいでしょうか。
 けれども休憩をして、コーヒーを一杯飲んで再び弾き出しても、手を洗ったときほどに音がよみがえってきたとはあまり感じません。

 手が汗ばんでしまうからでしょうか。たしかに手指が汗ばんでしまうと、音がもつれるような気がします。

 理由はわからぬままに、私は音の変化が生じたときには、手を洗います。音は確かによみがえる。不思議です。

 ●爪を保護するコーティング
 ダイヤコートはダイヤモンド含有の硬質ガードで、爪を破損しにくくコーティング。
 保護成分、プロテインを配合し、紫外線や爪の黄ばみからの保護をサポートします。
        
        (詳細は画像をクリックしてください)

 ●ゾーリンゲン爪切り        ●チェコ製ガラスの爪磨き
 一生モノの爪きり【ゾーリンゲンニューネイルニッパー -11】【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】        ガラス製爪ヤスリ(CM)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】

 このほかに、最近は爪をぴかぴかにする、なんというかマニキュアを塗ったように光らせる小道具が、種々売られていますが、あれを使うと仕上げが楽です。
 もちろん爪の表面に使うのではありません。弦が当たる裏側に用いるのです。セーム皮で仕上げるなどよりも、遙かにスピーディに仕上がります。


テクノラティプロフィール アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
関連記事
2009/04/18 14:30|フラメンコTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://houshakuki.blog36.fc2.com/tb.php/297-39ae3782

サイトとウェブの検索 

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索


携帯検索
 ★検索生中継[byYicha]

ネットで学ぶ音楽 

■ネットでギター講座

■ネットでピアノ講座

■ネットでサックス講座

■ネットでベース講座

■ネットでドラム講座

■ネットでボーカル講座

トレーニングブック 

作曲 

音楽【耳】、他 

クラシックギターの銘器 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。